07/12/2022
Breaking News

看護師が美容外科を目指す動機とは

美容外科への就職を希望する看護師は、美意識の高い方が多いです。エステティシャンが看護師資格を取得し、美容外科への転職を目指すケースもあるのです。美容外科とサロンの違いは、医療行為ができるかどうかで、最大のポイントは手術の有無になります。美容外科は美容を目的とした外科であり、目元や鼻整形ではメスを使うことがあります。近年はメスを使わないプチ整形が流行ってきていますが、確実なる整形を希望する方はメスを使った方法を選択することが多いです。

美容外科を目指す看護師は、患者を綺麗にしたいと考えている人が目立ちます。美容外科では患者様という言葉を使わないことが多いですが、これは病気を治すのが目的ではないからです。容姿のコンプレックス解消やアンチエイジングを目的に利用されるため、患者と呼ぶように徹底しているクリニックは少なくありません。一般的な診療科との違いは、すべての治療が保険外診療になることです。美容施術は美が目的であり、病気の治療には該当しないからです。

美容外科を利用した患者からは、接客対応が抜群によいという声が寄せられています。美容外科の施術は保険が使えず、患者が費用を全額自己負担します。それゆえ患者の高額投資に応えるために、徹底したサービスを意識するクリニックが多いわけです。美容外科の看護師を目指す方は、高度な接客対応を身につける必要があります。患者は美容施術だけでなく、看護師の接客対応や身だしなみなどもチェックしています。